<登場人物・キャスト>
語り手:奈良岡朋子/おしん:田中裕子/加代:東てる美/清太郎:石田太郎/政男:森篤夫/雄:山野礼央/店の客:加地健太郎・大阪憲/店の客:大屋隆俊・堀隆博・宍戸久一郎/奉公人:斉藤高広/みの:小林千登勢

<あらすじ>
加賀屋の援助で酒田に飯屋を開店したおしんは、その1日目から商売の自信を失ってしまっていた。ただ一人も客がなかったのである。考えあぐねたあげく、おしんは翌日から店を閉めてしまった。

台所に座って眉間にしわを寄せているおしん。

加代がやってきた。入り口の「本日休みます」の貼り紙を見てため息をつき、そのまま踵を返す。

ちょっと不機嫌で加賀屋の勝手口から入ると、途端にみのから声をかけられた。
「おしんに会ってきたのか? 何してた? うん? 加代! もう」
すぐに答えない加代にいらいらして急かす。
「今日も本日休業の貼り紙がしてあったから、そのまま帰ってきた」
「なして。様子見に行ってやったんではねがったのか?」
「たったの1日で店閉めてしまうなんて、まあおしんも情けねえおなごになってしまったもんだ。そんなおしんに会ったってしょうがねえんだ」
「そういう時こそ力になってやるのが、友達ではねえのが?」
「オレのしてやれることはちゃんとしてやったつもりだ。あとはおしんの根性一つだ。今自分で立ち直らねえと、これがら先店なんかとってもやっていけやしねえ」
「やっぱり、飯屋は無理だったのかのう……」
「自分でやりてえって言っておきながら、今更」
加代はさっさと奥へ入っていった。みのはいても立ってもいられない風に立ち上がる。

おしんはB4ほどの大きさの紙に筆で一枚一枚宣伝文句を書いていた。
「飯屋を始めました。ご飯に一汁二菜、漬物の定食三十銭。朝飯は二十銭。その他一品料理も数々あります。安くて量はたっぷり、美味しいのが自慢の店です。是非一度お越し下さい。湊通り めし 加賀屋」

  朝ドラ ブログランキングへ
糊の鍋と刷毛を持って、作ったチラシを方々に貼って歩く。貼り終わった紙を早速見ている男がいたので「よろしくお願いします」と声をかけると、男はそそくさと立ち去った。

「加賀屋という飯屋を始めました! よろしくお願いします」
今度は往来する人々にチラシを配り始める。
「今日は5時からやっています、加賀屋という飯屋です! よろしくお願いします! 加賀屋という飯屋です!」
受け取ってくれる人もぽつぽついる。
「今日は5時からやっています、朝は6時からなんです! よろしくお願いします!」

奥の部屋に加代がいるところに、みのが着物の包みを持って入ってきた。
「政男さんの新しい単衣(ひとえ)が出来てきた。明日がら着せてあげれ」
加代は返事をしない。
「お前の旦那様だぞ。お前が何でもようぐ気ぃ付けてあげねえど」
「あの人、大阪の米問屋相手にうまぐやってるかのう……。大阪の商人っていうのはみんなしっかりしてるから、うっかりしたこと言ったりするとたちまちなめられてしまうんだ」
「加代。加賀屋のことは政男さんに任せるって言ったんでねえんだが? お前が政男さんを立てるようにしねど、また前みてえなことになんだぞ」

そこへ政男が現れた。みのが声をかける。
「あっ、随分早がったんだのう」
「店そうそう空ける訳にはいかないもんで。こんなものが方々に貼ってあったんだ」
折りたたまれた紙を不機嫌そうに懐から取り出し、加代に突きつける。
「これ、おしんの店の広告でねえが。アッハハハ、ちょっと! おしん自分でこれ書いたんだよ! へえー、大したもんでねえが!」
「確かにおしんの字だ。おしんが自分で書いて、自分で貼って歩いたんだがのう?」
「それだけじゃないんです。町の真ん中で通行人に配ってたってことです。それも『飯屋だ、飯屋だ』って怒鳴りながら!」

「おしんが? ハハハハハ、そりゃさぞかし見ものだったろうのう、オレも見でがったあ! ハハハ」
「笑い事じゃない! いい恥さらしだ」
「何が恥さらしなんです? 黙って客待ってたって、こげな店があること知らなかったら客だって来ようがねえでねえですか。このビラ作るんで、おしんは店休んでたんだよ」
「あきれたもんだのう」
「あー、やっぱりおしんだ。相変わらず昔と性根は変わっていねえ。フフフ、よくやった」
加代もみのも政男の怒りを理解できない。

「冗談じゃない! あんなみっともない真似をされたんでは、こっちの加賀屋の名に傷がつく」
「ビラ配ったら加賀屋の名に傷がつくって、一体どういうことですか? 別に悪いごどしてる訳でもあるめえし」
「加代……」
「加賀屋という名を使っていなかったのなら、私だって何にも言わない。しかし」
「それで店の信用が崩れるような加賀屋ではありません。あんたに心配してもらうようなことではありません」

「加代!」
「よく分かった! どうせ私は婿養子だ。私の言うことなんか通るはずはなかったんだ!」
政男は部屋を出ていってしまった。
「加代!」
「相変わらず、女が腐ったみてえな男だな。つまらねえこと、くどくどくどくど」
「政男さんは政男さんなりに、加賀屋ののれんを心配してくれてるんだよ」
「ほんとに加賀屋のこと心配してくれてるんだったら、店のことももうちょっとしっかりやってもらいてえもんだ!」
加代も部屋を出ていった。

飯屋の入り口脇に、背丈ほどの大きな看板が出してある。
「安くて美味しい『定食の店』開店!!
 朝食二拾銭 定食三拾銭
 その他一品料理数々
     加賀屋」

「んだば、今夜がら店開げんだが?」
おしんは料理の仕込みをしていた。加代が来ている。
「もう3日も休んだんです。一晩でも商売しないと、今日もまた無駄飯食ったことになるもんで」
「今日ビラ配ったがらって、今夜がらすぐ来る客がいるどは思えねえげどなぁ」
「そうかも知れないげど、ビラ配った以上は客が来ても来なくても店は5時に開けないと嘘ついたことになるもんで」
「おしん?」
「今日もし10人のお客様来て下すったら、1人2銭のもうけだから20銭にはなるんだもん!」

「よし! オレも手伝う!」
「とんでもない、お忙しいお人に……」
「うちにいたって何にもすることねえんだもん。店は、旦那様に任せんだと。オレが口出しすると、婿殿の立場がねえって言って。親父様の知恵だ。政男さんに気持ちよくうちにいてもらうためには、政男さんを立てねばならねえんだと」
「お加代様……」
「ああ、オレもう逆らうつもりはねえ。おばあちゃんに安心させてやりてえ一心で今まで一生懸命頑張ってきたんだ。おばあちゃん喜んでくれると嬉しかった。そのおばあちゃんも、もういねえし」
「お加代様」

「おしんがうちに奉公に来てから、オレいっつもおばあちゃんにおしんと比べられて大きくなった。おしんには負けないと思って、おばあちゃんにおしんより少しでも気に入られるように随分背伸びもした。その気持ちが、ずっと残ってるのかも知れねえ。おばあちゃん死んでしまったら、加賀屋なんてもうどうでもよぐなってしまって。だども店のことしなぐなったら、急に何にもするごとなくなってしまった。女なんて、つまんねえもんだのう。……あっ、飯もう仕掛けたんだが? あっ、んだば焚き付けてええんだな?」
「いや、私やりますから」
「オレだって飯くらい炊げる! だけど、こんなに仕込んでしまってまた残ったらどうするんだ?」
「おむすびにして、明日また売りに行きます! 元は取らねど」
「フフ、やっぱりおしんだ!」

「どごさ行ったか分がらねえって、もうすぐ店閉めてしまうんだぞ。政男さんが仕事あがるのに、加代がいねえではすまねえでねえが!」
夕方になっても帰ってこない加代に清太郎はいらいらとしている。
「黙って出てったもんで……」
「せっかく元のさやさ収まって、政男さんがやる気になってくれてるのに……」
「加代だってようぐ分かってます。もう帰ってくる頃です」
「お前が加代のごどちゃんとしつけてねえがら、勝手な真似ばっかりするんだ!」
「そげなこと言ったって、加代はもう子供ではねんだし! こげに政男さんに気ぃ遣うぐらいなら、加代一人の方がなんぼ気が楽だが分がらねえもんだ」
「みの!」

おしんが作っていたきんぴらごぼうが出来上がった。加代は鍋からつまんで味見をする。
「うん、なかなか結構なお味ですこと! 立派なもんだおしんの腕は」
「みんな加賀屋に奉公させて頂いてる間に覚えたものです。大奥様は味付けにも盛り付けにもうるさい方だったから」
「おしんの方が、色々とおばあちゃんに教えてもらってるんだもんな」
「おかげさまで飯屋で出すもんぐらいには不自由しません。お加代様、もうそろそろお帰りにならねど」
「心配ねえって」

その時店の戸が開きがやがやと男達の声がして、おしんは驚き慌てて台所から店の方へ出ていく。
「あー、こごだこごだ」
「お、いい店だなやコラ」
「いらっしゃいませ!」
「食わせでもらえっか?」
「はい!」
「んだば、定食っていうの6人前だ」

「魚、煮るのが焼ぐのが?」
「いや、6人前だったら煮る方が早い」
「だったら茶はオレが出す、おしんは魚煮れ」
加代とそんなやり取りをしていると客から声をかけられた。
「いやーこの間握り飯もらって悪がったのう」
「ありゃうめがったよ。なっ」
「じゃあ、あの時の?」
「ああ。もらったまんまじゃ悪いんだろうって言ってたんだが、今日ビラ貼ってあるの見だもんでよ。後からまた5人ほど来るさげ」

「だったら、皆さんで11人?」
「んだ」
「俺ら荷役やってんだどもよ、みんな田舎がら稼ぎさ出できてるんだ。自分達でまんま炊いて食ってるんだどもよ、面倒くせくてな! たまにはうめえな食でくてな! んだどもうめえどご、ほら高ぇべっちゃ!」
「ありがとうございます!」
おしんが台所に引っ込み代わりに加代が出てきて茶を出す。
「んだば、一度ここの食べてみでくれ。ここの料理は、田舎の母ちゃんの味がするんだぞお!」

「んだばあんまりうまぐはねえんだな?」
冗談とも本気ともつかない言葉に一同はどっと笑う。
「こごはお前達おなご2人でやってるんだが?」
「いえ、私一人で!」
おしんは台所からそう答えた。
「オラは手伝いだども、毎日来てますからよろしくお願いしまっす!」
「いや~、こげだいいおなんこ2人もいるんだば、まんず繁盛するんだろうのう!」
「間違ぇねぇ」
男達は陽気だ。

「漬物切るんだろ? オレが切るがら」
「お加代様はもういいですから、私一人でできますから」
「あっ、鍋吹いてる、ほら!」
「あっ」
おしんは鍋に駆け寄り、それからまた加代のところへ戻り耳打ちする。
「お加代様、タクアンは5切れずつ」

雄は柱にひもでつながれている。積み木で遊んでいたが飽きて寝転がっていた。

加賀屋の奥の夕食時。加代は当然不在で、清太郎、みの、政男の3人である。
「我慢して下さいのう。私の不行き届きだなです。帰ってきたらやかましく言って聞かせますさげ」
「今まで、こげなごどはなかったんだが……まさか、おしんのとこではねえだろうな?」
「今、店の者どこ捜しにやってますから」

「お待ち遠様でした、どうぞ! すいませんお待たせしました、はいどうぞ!」
最初の客に定食を出す間にも、また新しい客が2人入ってきた。
「飯、間に合うだが?」
「2人分だったらまだ」
「客また来たらどうすんだ?」
「残ってもいい、炊きます!」
「んだば米はオレがとぐ。だからあの2人に出すもん早く」
「はい! いらっしゃいませ!」
「また客だが?」
「若奥様、お迎えに参りました」
10代前半の男の奉公人であった。
「お前、ちょうどいいどこ来た! こっち来て手伝え! 早ぐ! かまどの火焚き付けんだ!」
奉公人は言われた通りにかまどの前にしゃがんだ。
(第159話 おわり)

朝ドラ ブログランキングへ
最後まで読んで頂いて感謝してまっす。人気ブログランキング投票←このリンクをクリックして頂くと、私のブログに投票されてランキングの順位が上がるんです。よろしかったらクリックして頂けないでしょうか、お願いしまっす!