<登場人物・キャスト>
語り手:奈良岡朋子/おしん:田中裕子/加代:東てる美/清太郎:石田太郎/政男:森篤夫/仲人:久遠利三/雄:山野礼央/奉公人:斉藤高広/みの:小林千登勢

<あらすじ>
加賀屋の援助で、おしんは酒田の町に一膳飯屋を出すことになった。大正13年の晩秋に佐賀の田倉(たのくら)家を出てから、目まぐるしい変転の後にやっとたどり着いた暮らしであった。おしん25歳、大正14年の暑い夏が始まろうとしていた。

風鈴が揺れている。
「この度は、ほんとにお世話になりました。おかげさまで店の手入れも終わりましたので、明日店の方へ移らせて頂きます」
夜、おしんは加賀屋の奥の部屋で清太郎、みの、加代に挨拶をした。
清太郎「店はいづから?」
おしん「はい。明日色々準備致しまして、あさって大安吉日だそうなもんで」
みの「ああ。開店には私も手伝いに行くからな」
加代「おっ母様なんて邪魔なだげだぁ、手伝いは私一人で十分」
清太郎「2人とも何言ってるだ! あさっては日がええがらって、政男さんがうちさ戻ってくるんだ」
みの「ああ、そうでしたのう……」

加代「別の日にしてもらってくれ。おしんの大事な日に、店に出てやれねえなんて」
清太郎「仲人さんと何度も話し合って決めたんだ。変える訳にはいがねんだ」
おしん「お加代様、お加代様には大事な日です。店のことなんか。第一お客様見えるかどうか、一人も見えないかも知れないし」
清太郎「おしん、米のことは心配すんな。ええ米安く回してやっから」
加代「ああ。『さすが米どころの飯屋だ』って言われるように、オレが米選んでやる」
おしん「よろしくお願い致します」
みの「雄坊のことはよーぐ気を付けてやるんだぞ。火を扱うからな。やけどでもさしたら、一生この商売したことを悔やまねばならねえようになっからな」
雄は今みのに抱かれている。清太郎が「こっちゃ来い」と言うが雄が断り、場は笑いに包まれた。

  朝ドラ ブログランキングへ
翌日、ひっきりなしに米俵を担いだ男や荷車が行き交う通りを、おしんはみのと一緒に飯屋の建物へ向かっていた。みのが雄の手を引いている。
「へえー、飯屋にしては手頃な店でねえが」
「何もかもお加代様が手配して下すって」
奥の台所の方へ案内する。
「ああ、なかなか使いよさそうな台所だのう。店の名前は、加賀屋にするんだって?」
「はい。お加代様が大奥様のお気持ちを大切にするようにって、旦那様にもお許し頂いて下さいました」
「あんたが一生懸命やってくれだら、おばあちゃんも喜んでくれるんだがら。あっ、これはオレがらの祝いだ。開げでみれ」

手渡された風呂敷包みを開けると、「加賀屋」と大きく書かれた布が出てきた。驚いてみのを見るおしん。
「アハハ、加代に聞いたらのれんなんかかけるような店ではねえって言うんだども、せっかく加賀屋の名前分げるんだがら、のれんだけはかけて欲しいと思ってなあ。ほら」
2人で両端を持って広げてみる。
「うわぁ、こんな立派なもの!」
「おばあちゃんの代わりに、わたしがさせてもらったんだ!」
「ありがとうございます」
「フフ。あー、これで店も見せてもらったし、もう言うことはねえ。これで加代夫婦が仲良くやってくれで孫でもできたら、オレもう言うごどはねえんだども……ハハハ」

加代が10代前半ほどの男の奉公人に荷物を抱えさせて、飯屋の前の通りまでやってきた。
「ご苦労さん。もう帰ってもええんだよ」
「へえ」
「ご苦労さん!」

飯屋の中ではおしんが何か書き物をしている。
「今日は朝から店の仕事重なってしまって、なかなか来られなかったんだ。落ち着いたか?」
「お加代様はお忙しいんです。もう大丈夫ですから……」
「それが、自分の店出す気になってほってはおげねえんだよ! フフフ。この酒は、お父つぁんから。これは……よっ」
加代が抱えるほどの風呂敷包みをほどく。
「オレがらだ!」
「うわあ、大きな招き猫!」
「縁起物だ! 大きいほどええんでねえが? ハハハ」
店の角の、顔の高さほどの棚に加代は招き猫をのせた。ぴったりである。

「どうだ? 少しは店らしくなったんでねえが?」
「はい。何から何まで申し訳ありません!」
「あれ? 雄坊は」
「やっと寝ました今。それでこれを」
「あれ、献立? まあ、随分いっぱい作るんだのう」
「ご飯に味噌汁、おかず、それに漬物つけて1食いくらという定食を、うちの目玉にしようと思ってるんです。でも米1升60銭するそうですから、1人に1合5勺(しゃく)の飯つけたとしても、もうそれで10銭原価が超えるんです。どう考えたって35銭は取らないと」
「そうだのう。世の中不景気風吹いてるっていうのに、物価は値上がる一方で」

「でもお客様は力仕事する人が多いから、もうなるべく値段は安くして、なるべく量は沢山つけてあげたいし。そこが苦労のしどころです!」
「あっ、米はうちがじかに回してやるから、1升40銭にしてやる」
「それは助かります! 毎日一番安い材料使って、何とか朝は20銭、昼と夜の定食は30銭でまかなえたらと思って」
「だけど、薪代だってバカにはなんねえんだよ」
「浜に流木拾いに行ってそれ乾かしたら、何とでもなりますから!」
「フフッ、やっぱりおしんはさすがだ。オレにはとってもでぎねえ」
「そりゃ米問屋とは違います。飯屋なんていうのは1銭2銭の儲けで命すり減らす商売なんですもの」

「それでもやっぱりおしんは羨ましい。何だって自由だ。何にも縛られるものがなくって。オレみてえに加賀屋っていうお荷物背負わされたら、一生身動きが取れねえ。婿まで好きでもねえ男押し付けられて」
「またそんなこと……! そりゃ、私は自由かも知れない。でも自由っていうのも大変なもんです。ちょっと怠けたり休んだりしたら、すぐに飢え死にしかねないんですもの」
「オレだって、東京でカフェの女給してたことだってあったんだ。やっぱりその日暮らしだったども、今考えると楽しかった。あん時はもう戻ってこねえ。一生、加賀屋に縛り付けられて終わってしまうんだ」

「お加代様?」
「今更愚痴こぼしたって仕方ねえんだよな。これからは、せいぜいええ女房に……」
「そうです! 何よりも、お加代様のために。一日も早く加賀屋の跡取りをお産みなさって」
おしんは笑顔で加代の手を取る。
「オレも結局、それだけでしかなかったんだよな。女なんて、つまらねえもんだのう……」
「またあ!」

翌朝早く神棚に手を合わせ、それからのれんを出した。前の通りを男達が通っていく。
「今日開店の飯屋です。温かい朝ご飯いかがですか! 味噌汁に干物、漬物つけて20銭です! 温かい朝ご飯いかがですか! 炊きたてのご飯です! 朝飯20銭です!」
男達はひっきりなしに通るのだが、誰一人おしんの呼び込みに目もくれない。

加賀屋の奥座敷では、政男が改めて加代に引き合わされていた。
「加代もこれからは、政男さんさ立ててええ女房になるよう言ってるさげ、まんず末永ぐよろしくお頼みします」
清太郎が挨拶をし頭を下げる。続いて仲人が話す。
「政男さんも、若気の至りだって反省してるんだ。その気持ちのところくんでやってくれや」
「加代はおばあちゃん譲りで店のこともずっと一人で仕切ってきてるだんども、今日からは政男さんさ任せて」
加代は浮かない顔をしている。
「そうしてもらえればハ、政男さんもどんげに張り合いがあるだが」
「これからは、帝国大学で勉強してきた政男さんの時代でがんす。そのつもりで、よろしく頼むがらの」
頭を下げる政男。
「んだば、今日の祝いにって酒の肴支度させてあるさげ。さあさあ」

おしんは台所で所在なげに座っていた。雄が「母ちゃん!」と走り寄ってくる。おしんは抱き上げて雄に語りかけるように独りごちる。
「あー、朝も昼も誰も来なかったよ~。この分だと、夜も駄目かも知れねえな……。残ったご飯どうしたらいいだろう?」
何事か思いつき、雄を抱いたままはっと立ち上がった。

「お握り弁当いかがですかー! 大きなのが2つ入って7銭です!」
夕方、通りで声を張り上げるおしん。雄は豆絞りを頭に結んで大人しく座っている。
「お握り弁当いかがですか! 真っ白な真っ白なご飯です! お握り弁当いかがですかあ! 大きなのが2つ入って7銭です!」
行き交う人の目の前に差し出すくらいの勢いで右往左往して歩くが、顔を向ける者はいない。
「真っ白な白米のご飯です! お握り弁当いかがですかあ!」

加代が飯屋の戸を叩いている。
「おしん! おしん!」
返答がないのでふと後ろを見ると、おしんと雄が帰ってきたところであった。
「どこさ行ってたんだ? 大事な開店の日だっていうのに店閉めて!」
おしんはそれに答えず飯屋の入り口へ向かう。

中へ入り、椅子に座って疲れたようにため息をついた。
「おしん?」
「お客が一人も来ないもんで、仕方ないからおむすび作って港へ売りに行ってきたんです。残ったら大ごとだったもんで……」
「んで、売れたが?」
首を横に振る。
「元手だけでも取らなければと思ったんですが」
「駄目だったのが……」
「おむすびにしたものを持って帰ってきたって売り物にはならねえし、船の衆や荷役していた男の衆たちに話してもらってもらいました」
「タダでが?」
「捨てるよりましなもんで!」
「そりゃそうだげんど」

「米代だけで80銭の損です。このままだといつお客さん来てくれるか分からないし。食べ物は、売れなかったらおしまいだぁ! やっぱり、腐らない物の方がよかったかも知れない……」
「一日くれえで何が分がる! 客が来ながったら、来てもらうこと考えればええことでねえが! これぐれえのことで弱音吐くなんて、おしんもタガが緩んだんだが? 子供の時、ハーモニカのことでオレと取っ組み合いのケンカしたおしんの根性は、どごさ置いてきたんだ? 銭ならなんぼでも出してやる。ただし貸したものは必ず返してもらう。返せるようになるまでこの商売やめるごとは許さねえ。ええな」
きっぱりとした口調でそう言い切ると、加代はさっさと店を出ていった。

商いには自信のあったおしんも、今度ばかりは戸惑っていた。どうしたら客に来てもらえるのか。おしんには、初めてぶつかった試練であった。
(第158話 おわり)

朝ドラ ブログランキングへ
最後まで読んで頂いて感謝してまっす。人気ブログランキング投票←このリンクをクリックして頂くと、私のブログに投票されてランキングの順位が上がるんです。よろしかったらクリックして頂けないでしょうか、お願いしまっす!